ブログ

畑日記・・・穴堀り&火入れ

スポンサードリンク

開墾、網張り後

師匠直伝、穴を掘り、木を焼き、炭を作り、土に混ぜるのだの巻。

クールポコの気持ち感じる・・・(笑)

ちなみに師匠はクギが足に刺さるの巻(ご自愛くださいm(__)m)

畑の中心にスコップで共正総出で中々の深さの穴を掘り、そこで木を燃やし炭をつくり土に混ぜる。

炭作る

効果

有用微生物の増殖効果

酸性土壌の中和効果(アルカリ還元効果)炭は弱アルカリ性のため。日本の雨は酸性雨。

ミネラル分の補給効果(炭には数%の灰が含まれ、この灰は植物の生育に必要なミネラル分となる。

・土の構造改善効果(炭には無数の穴があるため土が水分を保つ力を高め、同時に水はけと空気の通りを改善。またこの多孔質な構造が土の中で生きている有用微生物のすみかとなり、その微生物たちが有機物を分解し、作物に必要な養分を生み出す役割を果たす。

人間の腸内環境と土、実に似てる。

人の体の細胞は1日に1%その日食べた物でつくられ変わるらしいです。

ってことは3か月で100%変わる

日々の食生活を意識し、日々の生活にお米や発酵食品を意識して頂くことにより腸内環境(土)が活発になり免疫力も上がり今の風潮に打ち勝つ身体に!!