ブログ

希望、蘇生へ。EM液、EMボカシ創り

スポンサードリンク

持続可能な生活、社会への道。

 

一人が一人が出来ることから

 

大河の一滴のように

それは小さな一滴にすぎないが大きな水の流れをかたちづくる一滴であり、永遠の時間に向かって動いていくリズムの一部なのだ(引用)

 

一歩づつ

 

 

 

 

 

 

 

EM・・・環境を浄化する働きや、物質の参加を防ぐ働きがあり、家庭内利用をはじめ、農業・家庭菜園・環境浄化・環境教育等のあらゆる分野で応用されている、まさにこの時代の希望!!

 

希望、神的存在。

マジですごいのだ。

 

ちなみに沖縄の比嘉照夫氏(教授)によって開発されたました。

その内容が映画化されています。

 

白鳥哲監督の【蘇生】、【蘇生2】です。

本気でやばい映画です。

超見てほしいし、いや!!!今見るべき映画です。

 

今回そのEMのセミナーを受け学び、実際に作り、体感する。

 

【EM液】

 500のペットボトル

容器の4%=20cc 有用微生物 

容器の4%=20㏄ とうみつ

ぬるま湯450cc

それとたっぷりの愛情(すごい大事)でしっかり振ってまぜ25℃~38℃の間で1週間~3週間ガスを抜きながら発酵。

甘酸っぱい香り、またはph紙で3.5以下ならOKらしい。

 

【EMボカシ】

無農薬の米ぬか13キロ

とうみつ  40cc

有用微生物 40cc

キタサン  40cc

ぬるま湯  2L

 

糖蜜をとかしキタサン、ぬるま湯、最後に有用微生物をまぜる。この順番大事。

作った液をじょーろにに入れ4~5回に分けながらまんべんなく混ぜ、今回は真空包装機で95%空気を抜いて包装し太陽のあたる所に置き2週間おいてみる。

酸っぱい漬物の香りになっていれば完成。

 

乞うご期待!!